STAFF

新工場で、より進化するフジフーズ。

設備管理職

竹吉 真幹
2016年入社

INTERVIEW

  • 「おいしい」笑顔をつくる仕事。

    子どもの頃からクルマが好きで大学では機械工学を勉強、メカに関わる仕事に就きたいと思っていました。そしてフジフーズと出会い、全国にある工場の生産ラインをつくることは「おいしい」笑顔をつくることでもあると感じて入社しました。そして今、予想以上にメカまみれの毎日です。

  • 新工場で、次の進化へ。

    自分の所属する設備管理部は7名のチームで、全国のフジフーズ工場にある機械関係に関わる仕事をしています。そして今、チームが一丸となって取り組んでいるのが2017年6月、千葉県習志野市に完成する新工場の立ち上げ。「世の中にないものをつくる」という社風のフジフーズですから、アッと驚く設備があるかもしれません。とにかく次の進化へと会社は動いています。

  • 「ありがとう」という笑顔も。

    工場の生産ラインにある機械や空調設備など、日常業務では実に様々なメカと関わります。その中でも特にときめくのはメカの開発。実は「黒ごま振り機」というのをつくりました。ごはんの上にパッと黒ごまを振りかける機械です。工場で働く人たちから「良かった」と言われて感謝された時は感動。自分は「ありがとう」という笑顔もつくっていると実感しました。

DAILY SCHEDULE

  • 08:40
    CAD 図面設計

    新商品が導入されると、工場に新たな生産ラインをつくることになり、工場の図面をCADで作成します。ご存知の通り、コンビニの新商品開発は年間、相当な数になります。その度に工場の生産ラインは変わるのですから、ほぼ毎日、設計してるかもしれませんね。

  • 10:00
    機械メーカーと打合せ

    新たな生産ラインをつくるためには、機械メーカーとの信頼関係が大切です。メカの持つ機能を、どうやって工場にカスタマイズするか。綿密な打合せを重ねていきます。

  • 14:00
    工場設備メンテナンス

    自分たちの仕事は、「工場のドクター」的な側面もあります。機械のトラブルを未然に防ぐため、全国各地のフジフーズ工場へ出張して生産ラインのメンテナンスを行っています。

DAY OFF

カラオケと、
筋トレで鍛えてます!
休みの日は、カラオケに行くことが多いです。ノリノリで歌うので、運動不足も解消。その他にも意識してやっているのは、筋トレ。体力勝負みたいな部分もあるので、カラダは積極的に鍛えています。
「いっしょに、1億3千万人の笑顔をつくろう!」ENTRY